<基礎知識>価格差のある永代使用料とその概要

お墓というのは、まず最初にお墓を建てることとなる雰囲気の良い霊園選びから始めることとなります。
基本的な考え方としましては、交通アクセスの良い場所を選ぶことが一般的となります。 霊園の立地や利便性は、宅地と同じで価格に大きな影響を与えることとなります。
大都市圏から離れれば離れるほど、そして利便性が悪くなるほど価格は安くなってきます。
霊園や墓所などの価格というのは、永代使用料と管理料のことであり、土地代というワケではありません。
永代使用料というのは、霊園の立地や利便性、さらには開発費用や施設、設備などを考慮して決められます。

 

永代使用料におきましては一括で支払うことが一般的とされており、支払い後に永代使用許可証が交付されることとなります。
また霊園内の清掃などといった管理作業の費用としましては、数年に一回といったまとめて支払うことが多くなっています。



<基礎知識>価格差のある永代使用料とその概要ブログ:20170617

減量中でも
「ビールが飲みたい」とか
「ビールを飲まなきゃいけない機会」ってありますよね?

もちろん減量中は、
ビールを飲まないに越したことは無いですけど、
誘われたり、どうしても飲みたくなっちゃう時だってありますよね。
そんな時は仕方ありません、飲んじゃいましょう!

減量中のビールは
飲んだ後が大事です!

ビールを飲んだ後って、お腹がすきませんか?
ついついラーメンやケーキなんかを
バカ食いしてしまいがち…ですが、
ここが減量の成功と失敗のわかれめ!

ビールを飲んだ後って
どうしてお腹がすくのかというと…
・アルコールの食欲促進作用
・飲酒に伴う体内の糖質減少
…という2つの理由が考えられます。

糖質が減ってる上に食欲が促進されちゃえば、
そりゃあラーメンやらケーキが欲しくなるのは
当然ですね。

しかし、ここはグッと我慢。
一気に減量挫折コースにいかないためにも
頑張りどころなんです。

どうしても何か食べたい人は、
油分を控えた穀類などなら食べてもOK。

具体的には、
お茶漬けやおにぎりなんかだったら一杯(一個)ぐらいなら、
ボーダーラインでセーフですね。

焼肉屋さんによくあるご飯類は、
考え方によってはOKって事になりますよね。

他にも
バナナやフルーツジュースなんかも
腹持ちがいいのでアリです。

穀類やバナナなどは血糖値の上昇につながりやすく、
すぐにお腹の空腹感も落ちつくので、
減量中にはありがたいですね。

ビールを飲んだ後だけじゃなくて、
毎日の食生活でも同じですよ!

減量中はビールは飲まないのがベストですが、
飲んでしまった後は、
こうしたフォローを上手にしてみましょう!