<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット

<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット


<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット
霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。 寺院の住職の人柄についても、長く信頼をしてお付き合いすることが出来るかどうか考慮に入れておく必要があります。
メリットはお墓が境内に設置されていますので法要を本堂で営むことが出来ますし、何よりも頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれるという点です。
多くの場合にはお寺の境内に設置されていて、寺院が管理をしている墓地となります。
寺院墓地のお墓ではお寺の檀家になることが条件とされている場合が多くなっていますので、まずはお寺の住職にお寺の行事やお付き合いなどを知っておきましょう。

最近におきましては、石のお墓だけではなく、納骨堂も増加してきています。
従来は遺骨を墓地に埋葬するまでの間一時的な保管場所として利用をされてきたのですが、現在におきましてはお墓としての機能もあるのです。




<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリットブログ:20171021

おはようございます!(´・∀・`)ノ

「給食はおいしくなかった」
と、年齢以上の方(あたくしを含めて)は言いますが、
今のお子様たちは、みなおいしいと言います。

味も質も向上した給食でありながら、
残菜の量が昔とは比較できないほど多いのは
なぜなのでしょう?

お子様たちが少食になったわけでもないのに、
献立によっては、食後とは思えないほど、
ほぼそっくり残ってしまうそうですよ。

アレルギー体質のお子様たちが増えているので、
多少の残菜は仕方ないとも言えますが、
食べ残しのほとんどの理由は偏食なんですって!

「野菜が嫌い、魚が嫌い。お肉は太るから食べない」
というお子様たちは、
いったい何を食べているのか不思議に思います。

一方で、
偏食もなく何でも残さずに食べるお子様たちもいます。
この差は、何だと思いますか?

ミルクを飲んでいた赤ちゃんが離乳し、
普通食に慣れさせながら育てていくというのは、
どのお子様も同じですが…

離乳期に
「ただ食べさせているだけ」なのか、
「味わう事も考えているのか」で、
その後の嗜好に大きな差ができてしまうみたいです。

この過程で、
同じような味ばかりの食事を食べさせると
徐々に他の味の食事を受け付けなくなってしまうんですよね。

実際、
離乳期からほとんど味付けされていないものを与え続けたために、
小学生になってもしっかり味が付いたものが食べられないという
お子様を見たことがあります。

普通お子様が大好きなカレーライスも食べられないんですよ!
育児書に薄味で…と書いてあったことを
母が神経質に守ったことが原因だったようです。

嗚呼,気分爽快
<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット

<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット

★メニュー

<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石
<基礎知識>品質が良く美しい国産の石
<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要
<基礎知識>使用権が取り消しになることもある年間管理料の未納
<基礎知識>オプションも用意されている霊園
<基礎知識>お墓をオリジナルで作れる
<基礎知識>価格差のある永代使用料とその概要
<基礎知識>霊園選びのポイントは交通の便と宗教など
<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット
<基礎知識>霊園における使用規定は厳守する


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これが重要な霊園情報