<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要

<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要


<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要
残念なことですが、大切な霊園の管理を怠っているあまり信頼の出来ない霊園も中にはありません。
さらに経営不振に陥ってしまい、倒産をしてしまう霊園もあるのでしっかりと事前調査をしておくようにしてください。 石の種類によって墓石に使用する部分が取れる量に差が存在し、その多い少ないにより価値が決まってくることとなります。
ですので、墓石の品質だけに注目をするのではなく、石の種類にも注意をするようにしましょう。
墓石の本体と外柵、工事費の合計3つが建墓の費用として必要となってきます。
墓石の値段というのは石の大きさ、そして種類により数十万円から1000万円以上などがありますが、価格が品質を反映しているとは限らないのです。

墓石に最も必要なことは、長い年月使用をしていくものですので、やはり耐久性が求められます。
良い墓石の定義としましては硬度が高い、水を吸いにくい、石そのものに傷やムラがなくキメが細かいなどとなります。




<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要ブログ:20171012

一昨日、彼女が転勤に伴う引越しをし、
あたくしの荷物も半分くらい入れたので、
その片付けと掃除を一緒にしていました。

引越し前の彼女の部屋は1Kと、
学生がひとり暮らしするような、かなり狭い部屋でしたが、
少々田舎に転勤になったので、
同じ家賃くらいで3DKの部屋を借りる事ができ、
広々と暮らせるはずでした。

なのに、荷物が片付かない…
全てと言う訳ではないのですが、
洋服が全く収まりきらないのです。

収納スペースは押入れ2間分あるにも関わらず、
さらにあたくしの洋服はまだ1枚も持ってきていないのに…

あまりの服の多さに、あたくしは憤りを感じ、
「なんであんたの服を私が片付けないかんのじゃぁ~」
と、半ばやけくそになって片付けていました。

そんなあたくしの気持ちを知ってか知らずか…
「あ、そのシャツ3万円くらいのを1万円で買ったやつ。
そのジャケットは確か定価9万円くらいのを
3万円で買ったんだよねぇ~。
やっぱりお買い物上手だねぇ!」

と、服を一枚一枚手に取る毎に
「あ、それいくら」「これいくら」と、説明してくれ、
しかもそれがあたくしのお買い物の基準価格と一桁二桁違うので、
はらわたが煮えくり返っていました。

「捨てるには惜しい物ばかりだなぁ…想い出もあるし。
君の服は持ってきても入らないねぇ…」

あたくしはこの一言で、キレてしまいました!!

「このシャツは1枚3万円ですかぁ~
自分の収入に見合うお買い物をしていただきたいですねぇ~
総金額を考えると鳥肌が立ってきますねぇ~
あたくしにくれる指輪のひとつやふたつ簡単に買えちゃいますねぇ~
30過ぎの男が貯金ゼロなんて…ナサケナイ」

こんな彼女とあたくしは結婚する予定なんですが…
上手くいくんでしょうかねぇ~

<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要

<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要

★メニュー

<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石
<基礎知識>品質が良く美しい国産の石
<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要
<基礎知識>使用権が取り消しになることもある年間管理料の未納
<基礎知識>オプションも用意されている霊園
<基礎知識>お墓をオリジナルで作れる
<基礎知識>価格差のある永代使用料とその概要
<基礎知識>霊園選びのポイントは交通の便と宗教など
<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット
<基礎知識>霊園における使用規定は厳守する


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これが重要な霊園情報