<基礎知識>オプションも用意されている霊園

霊園と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。 お墓に必要となる様々なものの相場価格について知っておきましょう。
例えば花立てと花筒で10,000〜40,000円程度であり、香炉と線香皿を用意するには15,000〜30,000円程度が相場となります。
お墓におきましては、墓石以外にも花立てや花筒、さらには香炉、線香皿、水鉢、塔婆立てなど必要なものが多くあります。
さらにこの他にも必要に応じまして墓誌や灯籠などが必要であり、これは素材によっても価格が異なっています。

 

一般的となる墓地や霊園におけますお墓の総合的な費用としましては、200〜300万円は用意しておく必要があります。
これは数字を見てもらってわかる通り、決して安い買い物というワケではありませんので、霊園選びとお墓そのものを選ぶ時には予算面での検討もしておきましょう。





藤丸敏
藤丸敏
URL:http://www.talentfb.com/view/fujimarusatoshi.html


<基礎知識>オプションも用意されている霊園ブログ:20171111

こんちわっすー

お子様の脳の成長に対して、
保育園や幼稚園がどのような影響を及ぼすのか
実際には解らないものである。

保育園にしても、その保育園が良ければ、
お子様にとって自宅だけで育てるより効果的になる筈だし、
幼稚園にしても、その幼稚園が良ければ、
お子様にとって最良の環境を与えることができる筈。

その一方で、
お子様を保育園や幼稚園に行かせず、
小学校に上がるまでは
自分で育てるというママがいてもいいのだ。

重要なことは
様々な選択肢を残すことであって、
画一的にしてしまうことではないと思う。

かつてソ連は
お子様にために全土に保育園と幼稚園を整備したのだが、
結果的にソ連は崩壊し、
急激な人口減少に見舞われてしまった。

社会主義に基づいて、
社会でお子様たちを育てようとして、
自分たちの理想とは逆に、
最悪の結果を引き起こしてしまったのである。

やはりお子様を育てるのは親の仕事なのであって、
それを基盤にして保育園や幼稚園があるのであって、
保育園や幼稚園がどんなに努力しても
ママの育児に取って代わることはできない。

そもそも「社会がお子様たちを育てる」という発想を持つこと自体、
そのような考えを持つ人は、人間として自立していない証拠なのであって、
そのような者の意見を絶対に通してはならないと思う。

現在、保育園不足で待機児童がいるのだが、
待機児童がいて丁度いいと思う。

そこに、政府が余計なお節介で介入してくれば、
現在よりもひどい事態を引き起こすことになるだろう。

幼稚園にしても、
現在のようにお子様全員が行く方が異常なのである。

みんなが幼稚園に行っているのなら、
我がお子様だけは幼稚園に行かせないという
臍曲がりな親たちがいてもいいのだ。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜