<基礎知識>お墓をオリジナルで作れる

多くの人が利用をしている霊園というのは、それだけ条件や価格など様々な要素が絡みあって選んでいます。
つまり見た目だけ素晴らしい霊園であっても管理が不十分ではそれは良い霊園とは言えないのです。 アメリカでは古来よりお墓を芸術作品と考える伝統が存在し、墓石に芸術家が腕を振るうケースも多くあります。
これまでの日本では、お墓を芸術作品とみる傾向はありませんでしたが、最近では変わってきているのです。
日本人というのはお墓に関して、非常に保守的であり実際にあなたも保守的な考えを持っているのではないでしょうか?
最近ではお墓に「自分の死後の安住地」として考えている人が多く、お墓に個性を求めている傾向にあるのです。

 

近年の石材加工技術の進歩によって、個性的なデザインの墓石が全国各地で見られるようになりました。
故人の自然観や宇宙観を表現したり、生前興味のあった何かしらのデザインにすることもあります。





フコイダン
フコイダンおすすめ
URL:http://lmf-assoc.jp/


<基礎知識>お墓をオリジナルで作れるブログ:20170918

小学5年になるむすこは3年生から塾に通っています。

以前からわしの中には
「中学、高校はどうしても私立」という強い意志がありました。

わしは公立一貫、旦那は中学から私立一貫。
それでもわしが私立にこだわり続けたのは、
旦那に勧められたからではなく
わしに学歴コンプレックスと経済的コンプレックスが強かったからだと思います。

塾に行き始めた頃は週2回の授業。
嫌がるむすこを勉強する体制に整えるだけで時間が過ぎ、
10分程で「わからない、わからない、いやだー」と
泣き叫び走り回って抵抗。

わしも横に座り、
機嫌をとりながら優しく教えますが3〜4回同じ内容を説明しても、
理解してくれないと徐々にわしのイライラが増していき…

「さっき説明したでしょ!なんでわからないの!!やる気あるの!」
「どうしてこんな簡単な問題がわからないの?」
と大声を張り上げ、頭、顔を叩いたり…

それでもむすこは
「もう、やらない!」と反抗を繰り返し、まるで戦争のように…
毎回毎回半時間程度の勉強をさせるだけで疲労困憊状態。

でも、わしの中でどんどん罪悪感が増していくのを感じています。
般若のような顔で手を挙げてしまうわし、
あれほど嫌がっているのに勉強させているわし、
ヒステリックに怒るわしに怯えるむすこ…

心の中では
むすこの好きなようにさせてやりたいと望んでいるのに、
どうすることもできない出口の見えないトンネルに入っているよう…

その後も全く上がらない成績。
勉強しないむすことの戦いの連日。
「両親の指導がなってないのでは」という身内からのプレッシャー。

そんな重みに耐えかねてわしは限界にきています。
受験まであと二年…
わしの方がまいってしまう!もういやだ…